教員紹介

阿部 智和准教授ABE Tomokazu
北大研究者総覧
担当科目
経営学

専門分野は経営組織論です。講義では,様々な理論や分析手法を学ぶだけではなく,実際の現象を分析する機会を多く設け,学習した内容の定着を図りたいと考えています。大学院の2年間は在学中には長く感じるかもしれませんが,振り返ると非常に短い時間だと思います。悔いのないようにしっかり勉学に励んでください。

石若 保志特任教授(公認会計士)ISHIWAKA Yasushi
北大研究者総覧
担当科目
簿記Ⅰ,簿記Ⅱ,監査Ⅱ

私は,会計・監査・コンサルティングの実務を実践してきた公認会計士です。すべての企業が会計を使用して企業を経営し,財務報告するため,会計は「ビジネスの言語」と呼ばれます。また,監査は様々な企業・法人・団体に適用され広がっています。
会計・監査を学ぶことは将来のビジネスリーダー,公認会計士,および起業家にとって出発点です。皆さんが目指す会計プロフェッションの魅力と実務,そしてそのための基礎をしっかり伝えていきます。

井上 春海特任教授(公認会計士)INOUE Harumi
北大研究者総覧
担当科目
税務会計論,企業法,会計実務事例研究

会計や監査の世界は常に進化しています。また実務としての慣習もあります。教科書だけでなく,広く実務で行われていることを交えることで,より 一層理解してもらえることを目指します。公認会計士の仕事は会計監査以外にもたくさんあります。様々な公認会計士の仕事の魅力を皆さんに伝えていきたいです。

岡田 美弥子教授OKADA Miyako
北大研究者総覧
担当科目
経営学

専門分野は経営学です。研究対象はエンターテイメント・ビジネスで,現在はマンガビジネスの研究に取り組んでいます。大学院の講義は少人数なので,自分の意見を述べたり,他人の考えを理解するトレーニングの場になるはずです。講義では,理論と現実の企業行動を行き来しながら,経営学の楽しさを実感してください。

岡野 泰樹准教授OKANO Taiki
北大研究者総覧
担当科目
監査論

専門は監査論,保証業務論です。最近は,様々な領域に拡がる多様な監査・保証を観察しながら,結局のところ,良い(善い)監査とは何なのか考えています。講義では,公認会計士による財務諸表監査は勿論,それに限定されない多様な監査・保証についても,皆さんと議論していきたいと思っています。

春日部 光紀准教授KASUKABE Mitsunori
北大研究者総覧
担当科目
原価計算論,管理会計史

専門分野は,会計史です。会計実務の発展過程をその時々の社会経済的背景とともに検討することによって,会計の社会的機能が解明できると考えています。会計の技術的な側面だけではなく,理論的背景や現実的効果も併せて勉強することで,より深い理解が得られると思います。

久保 淳司教授KUBO Junji
北大研究者総覧
担当科目
国際財務報告基準論,財務諸表論,簿記

「少年老い易く学成り難し,一寸の光陰軽んずべからず。未だ覚めず池塘春草の夢,階前の梧葉已に秋声。」私も修士課程2年間は,あっという間にすぎたように思います。
後悔しないように,入学後17,520時間,ただひたすら勉学に励んで下さい。

後藤 允准教授GOTO Makoto
北大研究者総覧
担当科目
経営情報,情報システム実習

専門は投資決定理論です。講義では,組織経営における情報の分析という立場から,不確実性下の意思決定手法であるリアルオプションの理論と応用を展開します。理論は数学を基礎にしますが,数学は「考える力」を養う学問であり,論理展開を表現する道具です。これらは実務の世界でも必要不可欠な要素です。是非,一緒に学びましょう。

櫻田 譲准教授SAKURADA Joe
北大研究者総覧
担当科目
税務会計論

研究分野は税務会計論です。目下の研究課題は1.中小法人における役員報酬の算定構造解明と,2.法人課税理論における引当金・準備金制度の産業政策的観点からの評価です。制度会計では会社法や金商法が話題の中心となりますが,法人課税理論がわが国法人の会計行動に与える影響を中心にお伝えしたいと思います。

佐藤 玲特任教授(公認会計士)SATO Rei
北大研究者総覧
担当科目
監査基準論,会計実務事例研究B,会計情報システム論

皆さんが会計専門職大学院で過ごす2年間は,会計プロフェッションとしての基礎的な知識を学ぶとともに,マネジメントの基礎を築くための大切な時間になると思います。私は実務家として,理論と実務を繋ぐ講義を心がけてまいります。皆さんと過ごす学びの時間を楽しみにしています。

鈴木 輝好教授SUZUKI Teruyoshi
北大研究者総覧
担当科目
コーポレートファイナンス,金融デリバティブズ,信用リスク管理論

専門はファイナンス。講義では,投資実務に携わっていた経験を生かしつつ,コーポレートファイナンス,金融デリバティブズ等について展開します。学生諸子には,会計情報を利用する投資家や金融機関の立場を理解することで,会計士としての見識を高めて欲しいと思います。

長谷川 光教授HASEGAWA Hikaru
北大研究者総覧
担当科目
統計学実習,情報システム実習

専門は計量経済学です。最近の研究課題は,幸福度,満足度などの主観的順序データに関するベイズ統計学を用いた分析手法の開発及びその実証分析への応用です。主観的順序データの分析は,経済学に限らず,マーケティングやツーリズム・マネジメントなどの分野での顧客満足度の分析にも応用が可能です。

三橋 葉子教授MITSUHASHI Yoko
北大研究者総覧
担当科目
企業法

国内外の行政機関における実務経験を踏まえ,金融・資本市場の仕組みや関連する制度,主要な課題や対応等について,行政の現場における考え方や国際的な動向も交えて議論をしていきたいと考えています。
学生の皆さんには,様々な課題に直面し乗り越えていくことで,職業専門家としての豊かなキャリアを拓いて欲しいと思います。

吉見 宏教授YOSHIMI Hiroshi
北大研究者総覧
担当科目
会計職業倫理

私の専門は監査論,特に監査期待ギャップや不正監査が研究の中心です。またもう1つの研究対象として公会計分野があります。
大学院では会計職業倫理を担当しています。会計専門職を目指す皆さんが,基礎的な素養として求められる職業倫理について,その重要性を理解し,知識としてだけではない判断ができるような視野を持ってもらいたいと考えています。

米山 祐司教授YONEYAMA Yuji
北大研究者総覧
担当科目
財務諸表論,国際財務報告基準論

開示される会計情報と社会・経済環境の関連を,アメリカ会計基準を中心に研究してきました。現在,会計の世界は国際的な連関の中で大きな変革の渦中にあります。大学院では,日々,国内外の社会と経済や企業経営の動きに関心を持ち,広い視野のもとで会計を学ぶようにしてください。

arrow_upward