イベント

会計倫理に関する特別セミナー 実施報告

会計倫理に関する特別セミナー 実施報告

早稲田大学名誉教授の藤田幸男氏経済学研究科会計情報専攻(会計専門職大学院)では,7月5日(木)に,人文・社会科学総合教育研究棟W310室において,会計倫理をテーマとした特別セミナーを開催しました。

セミナーでは,会計大学院第三者評価機構設置準備委員会委員長で,早稲田大学名誉教授の藤田幸男氏による,「会計倫理をどのように学び,教えるか」というテーマでの講演と質疑が行われました。
21世紀に入って,国内外で市場経済の根幹を揺るがすような会計上の不正事件が続発していることから,会計にかかわる者の倫理観が厳しく問われています。特に,職業的会計人である公認会計士に対しては,会計情報の利用者を保護するという役割が期待されており,これに応えるための高邁な倫理観が要求されています。こうした事情を背景として,会計専門職大学院では,とりわけ会計職業倫理に関する教育を重視しています。

この度のセミナーにおいては,永年にわたって国際的な舞台で会計研究・教育に携わってこられた藤田氏によって,職業的会計人にとっての倫理観について,これを身につける側である学生だけではなく,教育する側にある教員にとっても示唆に富むお話を伺う機会を得ることができました。

セミナー会場の様子このセミナーは,主として会計専門職大学院の学生と教員を対象として開催されましたが,最後まで熱心に聴講する姿勢に対して講師の藤田氏も感銘を受けられ,賞賛の言葉を頂きました。

会計専門職大学院では,学生・教員はもちろん,地域社会にとっても有意義なセミナーを今後も引き続き開催する予定です。

arrow_upward