このページの本文へ移動

北海道大学 会計専門職大学院 アカウンティングスクール

特色

特色1.複雑化した現代社会に対応する充実のカリキュラム

ビジネスの先端で活躍が可能な会計専門職

会計専門職が社会的要請に応えるための付加価値を高める方策としては,先端的な会計知識をはじめとする専門能力を高めることが重要です。しかし,さらに重要なことがあります。それは,社会に貢献するための倫理観・社会的責任感を具えることです。HAccSでは,会計専門職として必須の資質である倫理観・社会的責任感を涵養します。

国際的問題を扱う科目の重点的な配置

わが国の会計専門職には国際的な会計感覚,国際的な会計問題の検討能力が強く求められています。HAccSでは,国際的に活躍可能な会計専門職を養成します。

公的部門の会計に関する科目の重視

近年,国,地方自治体,特殊法人,公益法人,独立行政法人,NPOなどの公的部門の会計の重要性が増しています。とくに北海道のような地方では公的部門のもつ経済的重要性は極めて大きくなっています。HAccSでは,財務会計,管理会計の各分野における公的部門の会計科目を開講して,この分野の教育を強化します。

会計4分野のバランスよい履修

会計専門職は,今後,監査業務だけでなく多様な業務に就くことが求められます。そのため,財務会計,管理会計,監査,税務会計の会計4分野に関する基礎的な知識を満遍なく具えることが必要になります。HAccSでは,これら4分野をバランスよく履修できるようにカリキュラムを編成しています。

特色2.1学年定員20名の徹底した少人数教育

修士論文の非修了要件化

HAccSでは,修士論文を修了要件として課しません。学生と教員との対話を重視した双方向性の講義履修を従来型の大学院に比して重く課すことで,実務能力と問題解決能力を持つ会計専門職の養成を目指すためです。

社会的ニーズに対応した実践的教育

日本公認会計士協会は,唯一の会計専門職団体であり,各種規範等を設定する立場にあります。HAccSでは,日本公認会計士協会や日本公認会計士協会北海道会と定期的な意見交換の場を設けて,最新の情報に基づいた教育を実践します。

密度の濃い双方向教育

会計専門職としての高度な専門的能力を短期間に身につけるためには,担当教員と履修学生との双方向コミュニケーションを図る必要があります。HAccSでは,今後の会計専門職に必要とされる交渉力・ディスカッション能力を涵養するために,次のような講義展開の方法を採用しています。

  • コア科目を含む基礎科目では,知識を効率的に教授するために講義形式を採用します。講義形式といっても,教員から学生への一方的な講義ではなく,学生への問いかけや,学生からの質問を重視する対話型講義を意味しています。
  • 応用科目は,基礎科目で習得した会計専門職としての基礎的知識の深化・発展を目的とします。そのために,教員と学生との対話だけではなく,学生「同士の活発な議論を喚起する講義形式を採用します。レポートや答案の添削によって,講義の際の議論が知識習得に直結するように工夫を凝らしています。
  • 実践科目では,会計専門職として実社会で活動するために必要な交渉力やコミュニケーション能力の習得を図ります。実際の社会における生きた素材を教材として,実験(シミュレーション)やロールプレイングなどを行います。これによって「正解のない問題」に対する多様な解決策を算出する能力を涵養します 。

特色3.きめ細やかな修学サポート

担任製・オフィスアワー・相談窓口

学生5名程度に1人の担任を配置して,学生の学習環境の充実を図ります。講義内容に関する学生からの質問等を受け付けるためにオフィスアワーが設定されています。

学生生活に関する様々な相談窓口として,学生委員を配置します。「学生投書箱」と専用の電子メールアドレスで学生の相談や要望を受け付けます。

成績優秀者に対する入学料・授業料免除制度

北海道大学における特別に優秀な人材の受入れと育成の観点から,通常の免除制度に加え,専門職大学院合格者のうち入学試験において特に成績優秀な者に対し,入学料及び入学年次1年分の授業料が免除される制度です。経済学院会計情報専攻(専門職大学院)においては,特別選抜・一般選抜ごとに合格者の中から選考されます。なお,予め申請する必要はありません。

奨学金制度など

大学院生が研究に集中できるように,経済的な面で援助する様々な支援制度が存在します。たとえば,日本学生支援機構奨学金(平成28年度:無利子で月額50,000円もしくは88,000円の「第一種奨学金」,有利子で月額5万円~15万円を選択できる「第二種奨学金」)については,希望者の多くが貸与を受けています。

さらに,大学院生に対する支援策としてティーチング・アシスタント(TA)制度があり,学部・大学院の授業を担当する教員の補助として教育の経験をつみ,一定の報酬を受けます。

特色4.最先端の実務とのリンケージ

HAccSでは,会計専門職に対する多様な社会的要請に応えるべく,ビジネスの先端で活躍する会計専門職,地域社会に貢献する会計専門職という2つの方向性を重視しています。
最新の知識と高い倫理観を備えた会計専門職の養成を実現するため,日本公認会計士協会北海道会や外部の実務家・研究者と密接に連携し,各種のブログラムを実施しています。

最近の実績としては,公認会計士・監査審査会,国際会計基準審議会,他の会計専門職大学院,日本内部監査協会等から講師を招聘し,「会計監査の品質管理について」,「国際会計基準審議会(IASB)の活動及びそれを巡る動向」,「我が国及び米国における会計監査の実情と求められる公認会計士像」,「内部統制と監査の最新動向」といったテーマでセミナーを開催しています。

国際的な活動をしている公認会計士や企業の監査役といった先生方の講演は,大学院で学んだ知識を現実に即して理解することができるだけでなく,会計専門職としての自身の将来像を考えるうえで貴重な機会となるでしょう。なかでも地域社会に貢献する会計専門職というのは,具体的なイメージを描きにくいかもしれませんが,外部講師との積極的な交流によってその可能性を広げてください。

多くのプログラムは,一般にも公開していますので,在学生だけでなくアカウンティングスクールヘの進学を考えている方の参加も可能となっています。